防水・外壁工事

防水工事

防水工事は、経年劣化による漏水を防ぐための大切な工事

水は、目に見えないわずかな隙間からでも建物内部に浸入してきます。漏水すると建物内部に雨や水が浸入し、あの不快な雨漏りの原因になるばかりか、建物の腐食をまねきます。そのような事にならない為にも、屋根や外壁だけではなく、ベランダ、共用廊下など、雨や水の浸入の可能性がある部分にはこまめなメンテナンスや、防水工事を行なう事をお勧めします。防水工事は行なう事によって水漏れを防ぐだけでなく建物の寿命を長くさせる役目があるのです。

▶︎まずは無料お見積もり・ご相談から

防水工事の種類

工法の種類 費用 耐用年数 防水工事・工事の特徴
ウレタン防水 一般的 10年〜12年 下地の形状に馴染みやすく、水密性が高い連続皮膜が得られるのが特徴。改修工事が簡単。廃材が出ないので、工期・費用を抑えることができる。
シート防水 安価 10年〜12年 厚みが薄いので損傷しやすいが、工期・費用を抑えることができる。
塩ビシート防水 高価 10年〜12年 塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける工法。 シートを接着剤で貼るだけなので施工性に優れており、複雑な形状や狭い場所で使用されることが多いです。
FRP防水 一般的 8年〜10年 施工中の臭気があるが、軽量強靭で、耐水・耐候・耐食性に優れている。
アスファルト防水 高価 15年〜20年 合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングした、シート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法。防水層が厚く、施工のばらつきも少なく、耐用年数が長いので安心。

防水工事の種類は様々です。お家の状態や状況により、工事や工期が決まります。メイケン九州がお客様に最適なご提案をさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

屋根防水工事

外壁工事

外壁工事とは?

一般的に外壁改修工事は10~15年ごとに、劣化が起こっていないかどうかを調査し、必要に応じて工事を行うことが望ましいと言われています。建物の老朽化はどうしても止めることもできません。外壁改修工事は、その「美観」のためだけではなく、「保護」という重要な役割も兼ね備えています。大切な建物のためにも、定期的なメンテナンスをおすすめいたします。

▶まずは無料お見積もり・ご相談から

放っておくと後が大変

屋根や床下などは、なかなか目に付きにくいところです。台風などによる雨漏りで気付いたり、天井にシミが出来て気が付くことが多い様です。何事も早期診断、早期治療が費用と工事日数も少なくてすむ様です。ご連絡いただければ担当者がさっそくお伺いいたします。

光触媒仕上げ加工

太陽が洗い、雨が流す。自然の力だけで建物外装がキレイになる

●光触媒仕上げ加工の特長
1.静電気の発生でチリや汚れを寄せ付けません。
2.雨の力で汚れを流す。
3.抜群の防カビ・防藻性能!
4.自動車排気ガスに含まれるNOxを分解除去。
5.200色以上のカラーバリエーション。

●汚れの内容
1.サッシ周りの雨スジ汚れ
2.換気口周りの汚れ
3.カビ・藻による汚れ
4.環境・立地条件による汚れ

▶まずは無料お見積もり・ご相談から

防水・外壁工事の施工実績写真

事業案内

こんなことにお悩みなら

Copyright Meiken Kyushu CO.,LTD All Rights Reserved.